スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・yagetu無双

昨日の続きです。


ダンジョンロードで手痛い敗北を喫した俺。
ケイラスは勝つぞ!と意気込んでプレイ。


ケイラスは初プレイなのでルール説明から開始。
アグリコラル・アーブルなどでワーカープレイスメントに馴染みのあるメンバーなので、それほど苦労無くルールは理解できた模様。
だがこの時yagetuはあるルールについて重大な勘違いをしていたのだった……。

ゲーム序盤、城に職人コマを配置し地下の建設に挑もうとするしゅが~。
しかしまだこのゲームに慣れていなかったため、城建設フェイズになった時に支払うべき資材が足りない状態に。
そしてそのまま行政官の野郎が地下部分の決算位置まで到達したので計-4点で被害甚大。
かなりの点差が開いてしまう。

しゅが~「ひでぇー……」
俺「くっくっく……監督は俺の賄賂に目が眩んだのだ」

監督さんマジ鬼畜。←責任転嫁
まあ俺もこの後何度か妨害されますがw

俺「よーし、収入を増やしたいから弁護士で緑の建物をおっ立てるぜ!」
しゅが~「あ、監督さんちーっす! これ少ないですが……」
俺「何をするだーっ!!」

まさに因果応報。
憎しみは憎しみしか生まないのよ。
だが妨害する!!


ゲームが終盤に近づいた頃yagetuが妙なことをのたまう。
人の建物を利用しようとした俺がコストとして硬貨を支払う。
そのターンはまだ誰もパスをしていないのでコストは1硬貨。

yagetu「あ! おいおい、今1硬貨しか払わなかっただろ。ちゃんと2硬貨払いなさい」
俺・しゅが~「へ?」

そう、何故かyagetuは2+パス人数がコストだと思いこんでいたらしい。
なんでやねんw
しゅが~はちゃんと理解していたぞw

yagetu「あー、道理で金がすぐに無くなると思ったらそういうことかよー!」

間違っていたものは仕方が無い。
もう終盤なので今回はそのままゲーム続行。
しかしその時点で得点はyagetuがトップだったり。

まあ少々かわいそうなので監督による妨害ができる場面を1度わざとスルーしましたがw
しかしそんなことはお構いなし!
戦いとは非情なものであると再認識せざるを得ない最終ターンが訪れた……。

yagetu「この建築家に俺が職人を置けばお前は青い建物に改築できないなw」
俺(建前)「はっ! 何を言うかと思えば……俺は青い建物を造る気なんて元より無いんだからね!」
俺(本音)「やろう、ぶっころしてやる(某猫型ロボット風)」
いや、殺しませんけどw


そしてゲーム終了。
結局トップを維持したyagetuが勝利。
序盤出遅れたが終盤一気に追い上げたしゅが~が2位。
序盤は調子が良かったものの、見通しの甘さから得点が伸び悩んだ俺がドべでしたorz

各所のレビュー通り選択肢が多くて難しく悩ましいゲームでした。
1回プレイしただけでは勝ち筋などまったく見えてきません(少なくとも俺は)。
でも非常に美しく面白い!
ボード上がだんだん発展してしく様は見ていて楽しいです。
ゲームには負けましたが熱い3時間でした。

個人的には近いうちに再戦したいですね。

yagetu無双

本日はyagetu、しゅが~を呼んでダンジョンロードケイラス プレミアムエディションをプレイしました。


ダンジョンロードはまだ初心者なのでスペシャルイベント無しでプレイ。
まず最初にヘマをやらかしたのは俺でしたw

1年目の徴税イベントがきた時のこと。

俺「えーと、手持ちの金が3つ。ダンジョンのタイル数が7枚。タイル2枚につき1金だからピッタリ足りるな!」
2人「いやいや、端数切り上げだから4金だ」
俺「そうだったーっ!!」

そんなわけで早速-3点を喰らう俺。
なんという間抜け。
その後も金と食糧が常にカツカツで思うように行動できなかったり、不必要な部屋タイルを無理に獲得してしまったりと無様を晒す。

俺「このヴァンパイアとウィッチの攻撃力が上がる部屋は頂いておくぜ! えーと入り口付近は配置制限でこれ以上置けないから奥に配置するよ」

その後の戦闘フェイズにおいて……

俺「部屋の配置場所が奥すぎて冒険者たちこの部屋まで来れないじゃないか!」

うーん、駄目だこりゃw


そしてゲーム終了。
勝者は称号の独占数が多かったyagetuでした。


今回パラディンは1度もブチ切れることなく静観していました。

今回はとても駄目駄目でした。
次回はこの雪辱を果たそうと思います。




眠くなってしまったので今日はここまで。
ケイラスの方は明日に書きます。

WoWフィギャー

ヒーロースケープ専門店「みつき屋」さんでワールド・オブ・ウォークラフト・ミニチュアゲーム ブースターセット【コア】の予約が始まっていますね。
発売予定は9月6日。

中身は

専用のフィギュアが3体とそのキャラクター毎に1枚のキャラクターカードと2枚のマジックカードが同梱されています。
専用のフィギュアは、ブースターセットにランダムで入っております。


とのことです。

商品は英語版ですが、発売日の9月6日に特設サイトで和訳、和訳シール印刷用PDFを公開する予定だそうです。
和訳の有無が気になっていたのでこれは嬉しい。


さっそく注文しましたよ。
ええ、自重なんてしませんとも。
相変わらずお金がギリギリですわw


ちなみにこのブースターセットだけではゲームをプレイできないのであしからず。

_____________________________________________


一昨日のケイラス プレミアムエディションについての記事を少しだけいじりました。
一部画像の差し替えと追加などです。
ただの自己満足ですがw

襲来

今日は特に予定が無かったのでまったりとしておりました。
ところが昼過ぎに突然yagetuが来襲。
もしやと思いましたが案の定、今週も皆で集まるものと思っていた模様w

ならば2人でプレイできるゲームをやろう、というわけで取りだしたのが


ワールド・オブ・ウォークラフト・ミニチュアゲーム スターターセット

ゲームの概要はヒーロースケープ専門店「みつき屋」さんで見ることができます。
また今後はブースターパックも販売する予定とのこと。


スターターセットに入っているフィギュアは以下の4体で、対戦する場合の組み合わせも固定です(当然ブースターパックで拡張できます)。

【ホード軍

ゴレベリーさん
ウォリアー:ゴレベリー



ロスエリンさん
プリースト:ロスリエン



VS



【アライアンス軍

ヴィンディケーター・ホドーン
パラディン:ヴィンディケーター・ホドーン



ルビー・ジェムスパークルさん
メイジ:ルビー・ジェムスパークル


となります。
今回は俺がホード軍、yagetuがアライアンス軍をそれぞれ担当。


魔法防御が弱いゴレベリーに攻撃を集中するyagetu。
こちらも負けじと反撃するが僅かに及ばず。
ゴレベリーを粉砕したyagetuはロスリエンに集中砲火。
こちらも一矢報いてヴィンディケーターを処刑するも時すでに遅し。
脅威のヒット数を弾きだしたyagetuのダイスロールがついにロスリエンも粉砕。
その次のターンに拠点から得られるVPで勝利条件を満たしたyagetuの勝利となりました。

やっぱりフィギュアゲームは雰囲気や臨場感があって良いですね。
この手のゲームの例に漏れず攻撃や防御をダイスで判定するので、好き嫌いがきっちり分かれそうではありますが。
ブースターパックが販売されたら買ってみようと思います。



次に初回プレイ以来となるル・アーブルの2人プレイ。

2人プレイの場合ラウンド毎に要求される食糧がかなり多いので、序盤~中盤は特に食糧集めに苦心する展開になりがちな気がします。
ところが今回は建設予定のトップに造船所が出現。
2人とも早めに船を入手したことでわりと余裕を持って行動できました。

終盤になるとyagetuは最終ラウンドに船で売り飛ばすための鋼鉄を量産する計画に入った。
しかし最終的に鋼鉄を大量生産するためには1手番足りないことに気づく。

一方こちらは鋼鉄の量産が間に合わないことを早めの段階で気づいたので、いつも通りコークスを量産して売り飛ばす作戦に。

結果は俺が246点で勝利。
yagetuは200点ちょっととのことでした。


________________________________________


今日はyagetuが自転車で来たというので少しばかりサイクリングしようという提案をする。
近場にある土手道を道なりに走って往復してくるだけの30分コース。

7分ほど走ったところで信じがたいセリフを吐くyagetu。

yagetu「つ、疲れた……ゼエ、ゼエ……もうだめ……帰ろうぜ……」

アンタどんだけ虚弱になっとんねん!w
去年はそこまでじゃなかったのに、たった1年ほどでどんだけ弱体化してんのさw

折り返し地点に到達したところで限界気味なyagetuのために休憩。
地面に仰向けになって息も絶え絶えなyagetu。

俺「お前さん流石にそんなんじゃまずいよw 何か運動とかしたほうがいいと思うよ」
yagetu「ぜえ、ぜえ……そうするわ……」

たったの15分自転車で走っただけでこんなに疲れる人は初めて見ましたw
いや、マジで死ぬんじゃないかと心配になりますよ。

いつまでも若いつもりでいたら駄目だってことですね。

あうち

うみねこも読み終わったので改めてダンジョンロードの説明書を読み返してたら前回のプレイ時に少々ルールをミスっていたことが判明。
冒険者がダンジョンタイルを制圧するたびに邪悪度が1下降するんですね。
あくまでテストプレイで1年目終了までしかプレイしなかったので特に問題になりませんでしたが、そのまま続けていたらパラディン祭で悲惨だったやもw

それにしてもほぼ全ページが小さい文字でびっしり埋まっているので読むのも一苦労ですね。
むしろ基本的な部分は理解できているのだから巻末のルールサマリーだけ読めばいいのかしら?
まあそのサマリーも1ページびっしり小さい文字で埋め尽くされていますがw

なんにせよ次回は本格ルールで2年目終了まで通してちゃんとやりたいです。
身の程知らずな冒険者どもをボッコボコにしてやんよ!
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。