スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

計算方法間違いorz

今日はyagetu、カーンと3人でボドゲ。

【プレイしたゲーム】
・蒸気の時代
・D&Dボードゲーム ウォーターディープの支配者たち
・ヴォーパルス



まずはカーンのリクエストである蒸気の時代から。

CIMG1688.jpg

yagetuとカーンは序盤に1区画の路線で初期配置の商品をガンガン輸送しましたが、俺は長い目で見て2区画まで繋げてから本格的に輸送を開始する作戦でプレイしました。
前回の経験から輸送する商品が枯渇したら終わりなことを学んだので、多少無理してでも消費を抑えて収入を増やす方がいいと思ったのです。
その作戦が思ったよりうまくいき、さらにダイス運にも恵まれて美味しい場所に商品が補充され、スタートダッシュに成功することができました。
そのおかげで今回はゲーム終了まで「ずっと俺のターン!」状態でしたねw

前回の俺とほぼ同じような状況で中盤に息切れしたyagetuが「このゲームバランス悪いくせに難易度だけは高いなー」などとのたまっていましたが、それは負け惜しみというやつでは……。
「商品の補充はダイス運だけどそれはゲームバランスの問題とは違うと思うし、それ以外の部分はガチなゲームだと思うよ」と反論しましたが、彼は納得いかなかったようでした。
まあ、プレイ回数もまだたったの2回ですし、俺の主張もあくまで個人の意見にすぎませんけどね。

結果
1位 俺   81点
2位 カーン 62点
3位 yagetu 53点

さっき気づいたのですが、実は勝利点の計算を間違えてまして、本来「完成区間のタイル1つにつき1VP」であるところを「完成区間1つにつき1VP」で計算していましたorz
したがって、(正確な数字は分かりませんが)全員上記の点数より20点ほど高くなるはずです。
まあ、どちらにせよ順位が入れ替わるほどの差が無かったのは間違いないですけどね。

CIMG1689.jpg
ゲーム終盤の盤上の様子。



次にD&Dボードゲーム ウォーターディープの支配者たちをプレイ。

CIMG1690.jpg
一見すごくごちゃごちゃしたゲームに見えますが、実はいたってシンプルなルールで、直感的に分かりやすいゲームです。

このゲームはボードのアクションスペースにワーカーを配置してアクションを行うワーカープレイスメントで、アクションによって冒険者やお金といったリソースを獲得したり、カードを引いたり、建物を建てたりしていきます(建設された建物は新たなアクションスペースとなります)。
各アクションの後で必要な数の冒険者やお金を消費することで手札のクエスト(カード)を達成し、その報酬として勝利点やその他の恩恵を得ることができます。
他にも陰謀カードというものがあり、プレイすることによって自分に有利な効果があるものや、他のプレイヤーの邪魔をするものなどがあります。
ゲームは8ラウンドで終了し、最終的に(最初に配られた)ロードのカードによるボーナスなどを加え、もっとも多くの勝利点を稼いだプレイヤーが勝利します。

ぶっちゃけこれだけのゲームです。
勝利点は基本的にクエストの達成によって獲得していくかたちになるので、獲得したクエストカードによってプレイの指針が決定する感じですね。


今回は俺が初期に達成したクエストカードの永続効果「1ラウンドに1回、他のプレイヤーがコマを置いている場所にもコマを置いて良い」が猛威をふるい、おかげでかなりやりたいようにプレイできました。

結果
1位 俺   124点
2位 カーン 119点
3位 yagetu 116点

上に書いたように手に入れたクエストカードによって指針が決まるのであまり奥が深い感じはしませんが、結構面白いと思います。
ただ、ゲーム終了までに行動できる回数がそれほど多くなくてちょっと物足りないと感じるかもしれません。
とはいえそれがプレイ時間の短縮に繋がっているので(今回はインスト込みで1時間半ほどでした)、仕方ない面もあるのかも。

D&Dの世界をテーマにしたゲームなので、D&Dファンならさらに楽しめると思いますよ。



最後はヴォーパルス

CIMG1693.jpg

最初に配られたカードに「開闢の巨人」があったので迷わずピック。
それを出して第1ラウンドから「城下町(レベル2)」を作り、戦争は諦めて資源とお金を優先して集め、そこから毎ラウンドレベル2の建物を作っていきました。

結果
1位 俺   27点
2位 カーン 24点
3位 yagetu 23点

初手「開闢の巨人」はちょっと強すぎるかも?
このパターンでスタートして負けたことがないんですよ。
次回から、最初は「開闢の巨人」を抜いて配るようにしてみようかな。


30分ほどで終わったので続けてもう一度プレイ。

今度は俺が絶不調。
完全に出遅れてしまい逆転の目がありませんでしたw

結果
1位 yagetu 38点
2位 カーン 25点
3位 俺   17点


【個人的なゲーム評価&ルール難易度】
D&Dボードゲーム ウォーターディープの支配者たち : ★★★★★★☆☆☆☆(6点:結構おもしろい) : ★★☆☆☆(簡単)


次回はカーンのリクエストで村の人生をプレイすることに。
他は未プレイのゲームでもやるとしよう。




【本日のEOJ】

ここ3日間ほどデッキの周りが悪い、悪すぎる……orz
デッキの要になるカードをとことん引かないor手遅れになった直後に引いてくるというパターンばかり。
それが1回や2回ならまだしも、連続で6回くらいずっとそのパターンですよ……。
こんなの絶対おかしいよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

モンドというゲームの拡張版に

AとBがあるのですが、なにか違いがあるんですかねぇ?

お店の人に聞いても「知らない」って言われて、

調べてもよく解らなかったのですが・・・

もし、ご存知でしたら教えてください。

Re: モンドというゲームの拡張版に

Edu-Oneさんへ。

すみませんが、モンドは持っていないので俺もちょっと分からないですね。
なので、ネットで検索した情報でしかお答えできませんが、一応書いておきますね。

AとBでどのような違いがあるのかは分かりませんが、別物なのは間違いないようですね。
両方とも、新しいタイルと得点方法が追加されることでプレイの幅が広がり、さらにそれぞれに1枚ボードが付いているので対応人数も増やせるということらしいです。
「モンドを6人でプレイしたい!」ということなら、両方とも買ってしまっても良いのではないでしょうか。

モンドは・・・

パズル的なところがあると思い、パズル教室を営んでいるので、

購入しました。

モンド自体は、好きなんですけど、拡張セットをどうしたものか?

と思っていて・・・

基本的にAもBも、ともに買う方が良さそうですね。

また、出費がかさみます(涙)

FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。