スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらふっ!

今日はyagetu、マキタ、モリと4人でボドゲ。

【プレイしたゲーム】
・魔法にかかったみたい
・ゲット・ビット!
・ヒットマンガ 学園
・コロレット
・ブラフ
・ニトロプラスカードマスターズ



マキタとモリは昼前に来ましたが、yagetuが昼過ぎに来るというので、とりあえず3人で魔法にかかったみたいをプレイ。
かなーり前に購入して今までずっと積みゲーになっていたんですが、やってみたらこれが面白い!
読み合いが熱いゲームです。

できれば4人以上でのプレイが望ましいと感じました。
バッティング系のゲームなんですが3人だと結構やりたいことができてしまうので、このゲーム本来の緊張感が味わえていないんじゃないかと。
というわけで、午後からはyagetuを加えて4人でプレイしてみました。

ちなみに、このときは俺が勝利しました。



1回プレイしたことろで、ちょっと早めの昼食にしようということに。
今日のお昼はケンタッキーで例のアレを食うことを計画していました。
そう、肉で肉をはさんだチキンフィレダブルですw

実物の威圧感は強烈でした。
肉、肉、肉!
誰がこんなものを考えたのやらw

そんで、食べてみての感想ですが……一度食べたらもういいかなーという感じでしたw
やはりもう若くはないのでかなり厳しいですねw

ちなみに、個人的には普通のチキンフィレオがケンタッキーのメニューで一番好きです。



昼食を終えてyagetuと合流したところでゲット・ビット!を2回プレイ。
ブラックなテーマとパーツが外れるギミックが売りの、バッティング系のバカゲーですw

残念ながらモリはこの手のゲームが苦手なようで(魔法にかかったみたいはバッティングしても大丈夫な場合があるので大丈夫だったようですが)、一番最初にサメに食われて負け抜けたときに「こんなん何を出そうがどうせバッティングしてしまう運ゲーじゃんか。 考えるだけ無駄無駄」と言いだし、2戦目は手札すら見ずにランダムにプレイしていました。
そうしてまた最初に食われてしまったというw

けっきょくは運がものをいうゲームだというのは間違いありませんが、「どうせバッティングするから適当でいい」なんてことは無いと思うんですけどねえ……。
他のプレイヤーが出したカードをある程度カウンティングするなりできるわけで、100%運だけのゲームってわけじゃないですし。
とはいえ、個人の好みってやつもあるから仕方ないですね。
そういえば彼はインカの黄金も嫌いだったな……。



次にヒットマンガ 学園を2回プレイ。

俺たちの頭が固いせいでなかなか気のきいた台詞が浮かばず、ストレートな表現がけっこう目立ちました。
もっと面白いことが言えたらより盛り上がるんでしょうけど。
個人的には好きなゲームですけどね。

これはyagetuと俺が1勝ずつでした。



次に魔法にかかったみたいをもう一度プレイ。

やはり3人のときよりも多くバッティングが発生して盛り上がりました。
イケる!と思ったものがことごとく不発に終わったりして、しょんぼりしながらも楽しめました。

今回はモリが勝利しました。



次にコロレットを2回プレイ。

今回俺は全然駄目だめで、2回ともビリでしたw
これはyagetuとモリが1回ずつ勝利。



次にブラフを3回プレイ。
場全体のダイスの出目を予想するゲームで、読みとハッタリが重要です。

1戦目は終盤まで無傷だった俺が最後あたりで盛大にやらかしてしまい、あっさりと即死w
だって無難すぎる予想で勝っても面白くないじゃないですかー(言い訳)。
勝者はマキタ。

2戦目は最後にマキタとyagetuの一騎打ちになりましたが、残りダイスが2個になった時点でyagetuのいやらしいビットが決まり、勝者yagetu。

3戦目は2戦目と全く同じパターンでしたw
というわけで勝者yagetu。



ここでマキタが帰宅し、3人で最後にニトロプラスカードマスターズを3回プレイ。

1戦目はyagetuの驚異的な連続妨害攻撃でグダグダにw
やりたい放題に妨害しまくったyagetuがそのまま勝利しました。

2戦目は俺が圧縮戦略で勝利。

3戦目は人に不要なカードを押し付け合う不毛かつグダグダなゲームにw
しかし、結局あまり妨害せずされるがままだったモリが勝利してしまいましたw
こんなはずではw


【個人的なゲーム評価&ルール難易度】
魔法にかかったみたい : ★★★★★★★☆☆☆(7点:面白い) : ★★☆☆☆(簡単)
ヒットマンガ 学園 : ★★★★★☆☆☆☆☆(5点:ちょっと面白い) : ☆☆☆☆(超簡単)


ブラフは以前3人で一度だけプレイしてから今までずっと放置していたのですが、改めてやってみたらとても面白かったです。
ブラフをかますときやチャレンジを宣言するときのヒリヒリした緊張感がたまりません。
負け抜けなので、早い段階で負けてしまうと少々暇なのが難点ですがw




惨劇RoopeRはさっとルールと目的などを説明してみましたが、やはりハードルが高いみたいで微妙な反応でした。
まあ、俺の説明が下手だってのもあるんですがw

うーん、これはやはり実際に動かしてみるなりしないとイメージできないよなあ……。
今回の反応を参考にして、そこら辺を次回までに考えておこう。
……例の動画を見せたりしたら効果的だろうか?

そして、先ほどこのゲームの作者がsystem[DA,BA]BackFireさんであると知りました。
system[DA,BA]は俺の大好きなゲームなので、一段と期待が高まりました!
これは何としてもプレイしてみたいです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

楽しそうでょろしいですね!

僕も近くに歳の近いボード&カードゲーム好きが居ると良いんですけどね…

しょうゆさんは春に大阪で開かれるゲームマーケットには行かれますか?

Re: 楽しそうでょろしいですね!

学生のときにそういった仲間に出会えたのは幸運でした。

ゲームマーケットには行かない予定です。
基本的に遠出はしない出不精人間なものでしてw
それに、また出費がかさんでしまうことになりそうですし……w
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。