スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長生き指導者たち

今日はyagetu、カーンと3人でボドゲ。

【プレイしたゲーム】
・Mottoたんとくおーれ
・スルー・ジ・エイジ
・サンファン



まずは昨日届いたばかりのMottoたんとくおーれ

3

いままでのたんとくおーれシリーズと大きく異なる点が2点あります。
(といっても俺は最初のたんとくおーれしかやったことがないので、もしかしたら間違っているかもしれません)

まず一つ目は、ラウンドの初めに上級メイドというカードをスタートプレイヤーから順に1枚ずつ選んでいくというところです。
上級メイドはアクションを消費することなく「カードを1枚引いて、その後1枚捨てる」や「雇用数を+1する」などの効果を得られるカードです。
これがワーカープレイスメントにあたるわけですね。

二つ目。
勝利点カードにあたる「準備カード」の獲得方法がこれまでと全く違います。
はあと(お金)カードで獲得してデッキに組み込むドミニオン形式ではなく、獲得するためには特定の上級メイドと、はあととは違うリソースである「努力・集中・工夫」のいずれかが必要です。
「努力・集中・工夫」は一部のメイドカードから生み出すことができ、手番中にプレイしたカードのみから得ることができます。
これが結構きつくできていまして、ご奉仕(アクション)回数を増やさないとなかなか達成できないようになっていました。

このワーカープレイスメントなシステムの追加によって、今までより戦略性が増した感じになっています。
その分プレイ時間も少し延びましたけどねw


で、実際のプレイですが、今回は普通にぼろ負けでしたw
特に何も考えずにはあとカード集めをメインにしていた俺は、いつの間にやら完全に置いてけぼりな状況にorz

機を逃さず、もっとも早くから得点を取りに行ったカーンが圧勝でした。
このゲーム、はあとカードなんてそれほど重要ではないのかもしれませんw

結果
1位 カーン  29点
2位 yagetu  18点
3位 俺    9点

まあ、このように散々な結果だったわけですが、ゲームの方はなかなかどうして面白かったです。
正直たんとくおーれは劣化ドミニオンとしか思えなかったんですが、これはもうかなり別ものになっています。
ただ、一般メイド(ドミニオンでいうところの王国カード)の種類が13種とそれほど多くないので、その点は残念かなあ。
そこらへんは拡張があることに期待するしかないかな。

それと、ちょっとバランスが悪いかもしれないとも思いました。
雇用(購入)コストが9もかかるカードの能力が「+2ドロー」と「(ゲーム終了時に)勝利点3」だけってのはいくらなんでも……w



次に、頑張って初級ルールを覚えたスルー・ジ・エイジをプレイ。
もしかしたらルールを間違っている部分もあったかもしれませんがw

4
初級ルールなので、古代から始まって中世の終了とともにゲームも終了となります。
中級では古代から近代まで、上級では古代から現代までを通してプレイすることになるようです。


とりあえず、インストしながらゲーム開始。
まず準備段階で……

俺「青いコマはここからここまで、黄色いコマはここからここまでの空白を埋めるように置いてくれ」
2人「めんどくさっ!!」
俺「まあまあそう言わず」

各プレイヤーの手番毎にある、カードの除去&補充の処理のときも……

俺「手番の最後に、ここのカードが余っていたら除去して、そしたら残ったカードを全部左詰めにして、その後空きスペースにデッキから補充するのよ」
カーン「いちいちめんどくさいなw」
yagetu「うん、俺も面倒だと思ってしまったところだ」
俺「まあまあそう言わず」

と、こんな感じで最初のあたりは2人してウダウダ言っていました。
しかし、ゲームが進んでくると何も文句を言わなくなりました。
だって面白いもの。


とにかく時間がかかるという噂だったこのゲーム。
意外なことにインスト含めて2時間ほどで終わりました。
3人プレイ+初級ルールだということもあるんでしょうが、皆それほど長考もせずにサクサクとプレイしたからかも。
まあそれとは別に、突如部屋に乱入してきた暴れん坊様(姪っ子)がコマやカードを吹き飛ばしたりしてくれたので、それでプレイがちょっと適当になってしまったというのもあるかもしれませんw
困った暴れん坊様ですよまったくw


今回は、カルチャーポイント(勝利点)に直接繋がる文化力を早めに取りに行ったyagetuの圧勝でした。
まだよく分からないけれど、初級ルールだとホメロスは強すぎではなかろうか?w
俺のアリストテレスが霞んで見えたくらいですよ……。

結果
1位 yagetu   49点
2位 俺&カーン 36点

これでゲームの基本となる流れは理解できた……はずですw
予想より断然早く終了したので、もう一度プレイしようかという話も出ていたのですが、細かいコマを大量に使うこのゲームを暴れん坊様の前で続けるのは危険と判断し、またの機会ということに。
もうコマをデコピンでふっ飛ばされたり、カードを投げられたりで大変だったんですよw
あなおそろしや。

まあ、カーンのリクエストで次回もこれをプレイすることになったんですけどねw
それは俺としても望むところなので、ありがたい提案でした。
次は当然中級にチャレンジしますが、ルールの間違いが無かったかの確認の意味も含め、また一からルールブックを読みなおしてみることにします。



最後に、暴れん坊様を警戒してカードゲームあたりにしておこうということで、久しぶりにサンファンをプレイ。
今回は2回やりました。

5
アレアの宝箱に入っている拡張カードを混ぜてプレイしています。

1回目は、記念碑系を揃え、6コストの建物も他に2つほど建てたyagetuの圧勝でした。
序盤に図書館を出してフル活用していたのが勝因だったと思います。

結果
1位 yagetu  45点
2位 俺    33点
3位 カーン  31点


2回目もyagetuが勝利。
拡張で追加された大聖堂を取ったのが決め手だったようです。

一方俺は、拡張で追加された「同一コストの建物3枚1組につき点数が増える」建物を最大値である12点まで増やす作戦でやっていました。
誤算だったのは、そのカードを引くためにあれこれ手段を講じたにもかかわらず、最後の最後にようやっと引けたことですorz
参事会議員を取りまくって敵に塩を送りまくりでしたからねえw
しかも、その建物を活かすために必要な6コストの建物も全然引けず、仕方なく単体では意味が無い凱旋門を出す羽目になっていました。
もしこれがギルドホールだったら圧勝だったんですけどねえ……orz

結果
1位 yagetu  40点
2位 俺    37点
3位 カーン  30点


【個人的なゲーム評価&ルール難易度】
Mottoたんとくおーれ : ★★★★★★☆☆☆☆(6点:結構おもしろい) : ★★☆☆☆(簡単)
スルー・ジ・エイジ(初級ルール) : ★★★★★★★☆☆☆(7点:面白い) : ★★★☆☆(普通)

スルー・ジ・エイジは、たぶん中級をやればまた評価が変わると思います。
初級ルールはチュートリアルみたいなもんですからね。
早くも次回が楽しみです。
またルールを覚えないといけませんがw




6

TAKE MOON 武梨えり TYPE-MOON作品集 特別版を買いました。

正直な話、TAKE MOONの1、2巻を持っている身としては、値段の割にちょっと残念だなあと言わざるを得ません。
なにせ、コミックの内容はほぼそのままで、追加収録されているのは1つだけ。
まあ、おまけのDVDが付いているからそんなもんなのかもしれませんが。
DVDに収録されているエピソードが、個人的に原作でも特に好きなやつだったのは嬉しかったですがw

TAKE MOON未所持のTYPE-MOONファン、または武梨えりファンには間違いなくオススメではあります。




ヴォーパルスの売り切れ早っ!!w

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。