スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジェンド・オブ・ヒューゴー

今日はyagetu、カーンと3人でボドゲ。
プレイしたのはルーンバウンドコズミックエンカウンターです。
やはりルーンバウンドは時間がかかりますねえw


ダンジョンクエストに付いてきた、ルーンバウンド用の英雄カードも混ぜてプレイ。
俺はダンジョンクエストからのゲスト参戦であるヒューゴーを担当することに。
ダメージを受けるたびにそれを1点軽減するという鬼能力の持ち主です(1点のダメージなら完全無効化)。
最初から15金の鎧を装備しているようなチートっぷり。
これは酷い。

yagetuが担当したタチアナもダンジョンクエストのキャラクタ―。
各戦闘ラウンドで最初に振るダイスの目に自分の射撃戦闘値を加えるという、これまた尖がった能力の持ち主。
単純に考えて射撃戦闘値が2倍あるという鬼っぷり。

カーンのキャラはルーンの魔女アスタラ。
基本セットのキャラであり、上記の2人に比べるとかなり厳しい感じがします。


今回のゲームは俺とyagetuの無双状態で、カーンは完全に取り残された形になってしまいました。
毎回1人が犠牲になっているなあ……。

ゲームの終盤では俺とyagetuによる赤取り合戦。
お互いに2個のドラゴンルーンを持っている状態でしたが、俺が先に3個目のドラゴンルーンを獲得して勝利。
あと1点でも喰らえば死んでいたし、次のターンにはyagetuも赤に届くという場面だったので、本当にギリギリでした。

今回も短縮ルールでプレイしましたが、4時間半くらいかかってしまいました。
強い武器が手に入っていたらもっと楽だったんですが……。
最後まで3金の武器で頑張っていたので辛かったw



次にコズミックエンカウンターをプレイ。

ゲームバランス?何それ美味しいの?という感じのぶっ飛んだゲームですw
キャラクターやカードの強すぎる能力や、値のバラつきが激しい攻撃カードなど、とにかくカオス。

そんな混沌とした感覚を楽しむゲームなわけですが、yagetuが交渉カードを引きまくって凄く不機嫌になっていましたw
yagetu「無駄に交渉カードが多すぎ!」
そのための代償ルールなんですけどねえ。
そう思い、俺が担当していたハッカー族の能力でyagetuの手札を見たところ、なんと6枚中交渉カードが4枚w
心やさしい俺は交渉カード3枚だけを手札に残してあげたのでしたw
まあ、これでyagetuの恨みを買ってしまい、「もうおめー絶対ゆるさん」と個人攻撃されてしまったのですがw
(システム上攻撃の相手は自由に選べませんが、自分の勝利よりも俺が不利になるように動くことを優先しだしたということです。)

勝者はカーン。
序盤は一度に大量の宇宙船を失ったりと散々だった彼ですが、アホ2人がキャッキャウフフしている間に逆転していたのでした。
このように、最初でつまづいても最後までどうなるか分からないのがこのゲームの良い部分だと思います。
たぶんyagetuはもうやりたがらないでしょうがw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。