スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツアマゾンを利用してみた





この動画に触発され、ここここも参考にしながら、ドイツアマゾンを初利用してみました。
注文したのは、メルカトルロンドンストーンエイジの3つです。

注文確認のメールがきたので、あとはトラブルが無いよう祈って待つだけですかね。
ドイツ語とかミジンコほども分かりませんしw




今度の日曜はルーンバウンドをやるんですが、単純にカードを追加する拡張セットを持ってるだけ投入してやってみようと思っています。
具体的には、伝説の遺物アーティファクトと仲間墓場の恐怖暗闇の森の4つです。

じつは初回プレイのときもいきなりこの組み合わせでやってみたんですが、ゲーム終了までにイベントカードを1枚しか引かなくて、モンスターが全然補充されないという地獄を見ましたw
単純に引き運が悪いってのもありますが、追加カードによってカードの総数は増えるのにイベントカードの数は1枚も増えないんですよ。
これではあまりにも厳しいので、緑、黄、青のアドベンチャーカードの中から適当に2枚ずつの遭遇カードを選び出し、表面の空きスペースにシールを貼って太陽マークを手書きしましたw
誰かがこれを引いた場合もカウンターを補充するぞ、という意味で。

それと、マーケットカードの数もめっちゃ増えているので、都市を訪れたときに引く数を1枚ではなく2枚にしてみようと思います。
せっかくいろいろ増えたんだし、選択肢は多い方がきっと楽しいでしょう。
バランスがいいかどうかなんてのはこの際気にしない方面でw


それはそうと、こうして拡張のカードを混ぜて分厚くなったマーケットカードの山札を見ると、カードシャッフラーを買っておいて本当によかったと思いますw
普通に手でシャッフルするのはとてつもなく面倒だったものでw




さて、ルーンバウンドが大丈夫となると、やはり次にチャレンジするのはディセントをおいて他にあるまいよ。
プレイ時間の長さ(と過去のトラウマ)がネックで、ずーーーーーっと寝かせているけど、じつは凄くやりたいゲームなんですよ。
キャッスル・レイヴンロフト、丘の上の裏切り者の館、ルーンバウンド、アーカムホラー、ダンジョンクエストと、順調に調教(?)してきた今ならば!w

まあ、プロフェシーも拡張まで買っておきながら寝かせっぱなしですがw
これも近いうちにやろうかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。