スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法の軍団

誰得ゲーム紹介コーナー……のようなもの

心機一転。
今回からは「ゲームの内容物」の画像をメインに据えて、ゲーム内容についてはかるーく紹介するという感じにします。

ぶっちゃけてしまうと、体のいい手抜……げふんげふん




今回は魔法の軍団を紹介してみたいと思います。
魔法の軍団01
実はこのゲームをまともにプレイしたことは無かったりします。
まあ、それゆえにゲーム内容についてどうのこうのいうより画像をメインにしようと思い立ったわけですがw


魔法の軍団02
箱の裏面のゲームイメージです。
ゲームの全景はだいたいこんな感じになります。


中身は結構ごってりと入っていて、かなりボリュームがあります。

魔法の軍団03
このゲームの世界の住人を表しているタイルです。
中身のほとんどは生物ですが、それ意外にも魔法の道具やお金などが混ざっています。
その数なんと208個!(いくつか同じタイルもあるので208種類ではありません)

これらは全て不透明な袋に入っていて、必要に応じて袋の中からランダムに取り出すことになります。
つまり、良いタイルを獲得できるかどうかは神頼みってやつですw
本当の意味でのハズレがないぶん、テーベの東より幾分か安心感があるかもしれませんw


魔法の軍団04
これはヒーローのタイルです。
ヒーローと名付けられているだけあり、それぞれが特徴的かつ強力な能力を備えています。

これらは他のタイルとは区別されており、袋には入れません。
獲得する際はボードの脇に置いてあるものから直接取る形になります。
また、表と裏で別のヒーローが描かれています。


魔法の軍団05
ゲームの戦場を作り上げる地形タイルです。
カタンのように、ゲーム毎に地形の配置が変わります。
地形の種類はタイルの移動や配置にかかわってきます。

生き物にはそれぞれ対応する地形が設定されていて、それ以外の地形には立ち入ることができないことになっています。
しかし、通常生き物タイルは裏向きのまま配置されて移動をしていきます。
それらは戦闘が発生した場合に表向きにされ、その時点で初めて正体が白日のもとにさらされることになります。
この時、乗っている地形に対応していない生き物タイルは除去されてしまうので、注意が必要です。


魔法の軍団06
これは支配マーカーです。
どのプレイヤーがどの地形や軍団を支配しているのかを明確にするために使用します。


魔法の軍団08
要塞と戦闘マーカーです。
戦闘マーカー(旗)は、戦闘が発生する場所を示すのに使用します。

要塞は「塔」「砦」「城」「城塞」の4段階があり、「塔」から始まって「城塞」までランクを上げていくことになります。
最高ランクである「城塞」を構築することがゲームの終了条件であり、それを保持することが勝利条件です。


魔法の軍団07
金貨です。
何をするにも先立つものが無いとやってられませんw


魔法の軍団09
何の変哲もない6面体ダイスです。
戦闘などの判定に使用します。


魔法の軍団10
ついたてです。
所持金や所持タイルを隠匿するために使用します。
ただし、ついたての裏に隠し持てるタイルの数には制限があります。
インチキはしないようにしましょうw

また、裏面にはターンの概要などが書かれています。


魔法の軍団11
特殊な効果を持つタイルの早見表です。





以上、魔法の軍団の中身でした。
他にスタートプレイヤーマーカーと、特定のイベントで使用する黒雲タイルがありますが、わざわざピックアップするまでもないと思ったので省略しました。

ゲームの内容にはほとんど触れていませんが、カオスな雰囲気のゲームだということは何となく伝わったのではないでしょうか。
運の占める割合が高くプレイ時間も相当かかる(公式には60~180分)ので、合わない人にはとことん合わないと思います。
そこら辺を割り切れる人で、ごちゃごちゃしたゲームが好きなら買いでしょう。

正直、俺には合いませんでしたw
雰囲気は好きなんですけどね。


【個人的な評価】
まともにプレイしていないので「未評価」です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。