スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫キック! 紹介

【誰得ゲーム紹介コーナー】

今回は猫さんのイラストが愛くるしい「猫キック!」を紹介してみたいと思います。

猫キック 01

お腹をすかせた猫たちがエサを求めて激しい(?)戦いを繰り広げます。
時にはライバルの猫を追い払ったりしつつ、人間たちから賢く上手にエサを貰いましょう。

ゲームは3ラウンドに渡って行われ、最終的に最も多くのポイントを稼いだプレイヤーが勝利します。

猫キック 02


プレイ人数:2~6人
プレイ時間:15~20分
対象年齢:7歳以上


まず最初に、プレイヤーは自分が担当する猫を選び、その猫に対応するプレイカードのセットを手札として受け取ります。

猫キック 03

それぞれのカードセットの構成に差異は無く、単純にイラストや色が違うだけです。

猫キック 04

カードに書かれている数字は、猫が何匹いるのかを表しています。

猫キック 08

各セットに2枚ずつ含まれる猫キック!カードは、列からネコを追い出すために使用します。



次にプレイヤーの人数と同数のごちそうカードを並べます。
ごちそうカードは猫にエサをくれる場所・人物を表していて、それぞれにネコたちが列をなすことになります。

猫キック 05


あとは得点チップをひとまとめにし、スタートプレイヤーを決めて準備完了。
ゲームを開始します。



スタートプレイヤーから順に、手札からカードを1枚裏向きで場に出していきます。
カードをプレイするときはごちそうカードに列を作るように置き、常に最後尾に並べていきます。
カードを1枚プレイしたら次のプレイヤーの手番になります。

猫キック 06


全てのプレイヤーが手札を使い切ったら、そこで得点の計算に移ります。
列を1つ選び、そこに並んでいるプレイカードの順番を変えないようにまとめ、表向きにして改めて並べなおします。

猫キック 07

ごちそうカードに書かれている数字に注目します。
その数字の位置に並んでいる猫だけがエサをゲットでき、他の猫は何も貰えないのです。
野良猫の世界って厳しいですね。

例えば上図のような状態なら、2、4、7番目に並んでいる猫だけがエサを貰えます。
つまり、茶、緑、紫のプレイヤーがそれぞれポイントを獲得します。
数字が黒い部分は3ポイント、赤い部分は6ポイントを獲得できます。


猫キック!カードは、その直前に並んでいるプレイカードを取り除きます。
オープンしたプレイカードの列の中に猫キック!カードがあった場合、猫が列から追い出されることによって順番に変化があります。

猫キック 09

例えば上図のような状態だったとします。
この場合、本来ならエサを貰えるはずだったピンクが列から取り除かれ、紫と緑のプレイヤーがポイントを獲得することになります。

また、猫キック!カードを使用したプレイヤーは、取り除いたカードに書かれている数字と同数のポイントを獲得します。
もちろん、数字が0だった場合には0点です。
上図の場合は幸運にも3ポイント貰えるというわけです。


この処理を全ての列で行って、各プレイヤーの合計点を出し、その後にラウンド終了です。
使用したプレイカードを全て手札に戻して新たなラウンドを開始します。

これを3ラウンド行い、合計点が最も高いプレイヤーが勝利します。



【個人的な評価】
★★★★★☆☆☆☆☆(5点:ちょっと面白い)

【ゲーム難易度】
☆☆☆☆(超簡単)



お察しの通り勘頼みでほぼ運だけのゲームですが、これがまた何となく面白いのです。
猫キック!カードの存在がプレイヤー同士の腹の探り合いを加速させ、それが良い刺激になっていますね。
猫キック!がうまく決まるとスカッとしますw

一応、プレイカードの一部を公開して配置するというヴァリアントルールもあります。
うちでは試していないので、どの程度変化があるかは分かりませんが。

プレイ時間が短くルールも極簡単なので、ゲーム初心者も安心してプレイできます。
ただ、これだけをずっとプレイできるというほどの中毒性は無いので、ちょっとした空き時間に息抜きでプレイするくらいが丁度いいのかもしれません。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。