スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム紹介してみる

【誰得ゲーム紹介コーナー】

自分が所持しているアナログゲームの中から適当に選んで、簡単に紹介していこうと思います。
はたして俺の文章力でうまくまとめられるのか……無謀極まりない試みですw


さて、栄えある(?)第1回目に選んだゲームは……

「ゴッドダイス」です!
神ダイス01

まさに誰得!(非常に失礼)
ルールが簡単なのと、あまりレビューを見かけない気がするという理由で選びました。


『ゲームの概要』
専用のダイスを振って役を作り、相手のキャラクターを攻撃します。
しかし攻撃の前に必ず「ゴッドダイス」という2つのダイスを振り、その出目によっては「攻撃側のキャラクターが即死」など特殊な効果が発生します(酷いw)。
キャラクターが全滅したプレイヤーは脱落し、最後まで残ったプレイヤーが勝利します!

ええまあ、つまりダイスロールに全てをかけるゲームです。
いわゆるノリゲーという感じでしょうか。
プレイするために必要なのは高いテンション
勝利するために必要なのはですw


『ゲームの流れ』
まずはそれぞれ自分が使用するキャラクターを3~4人選択します。

・英雄    … 最も高いライフポイントと堅実な攻撃による安定感が売り。
          至って普通に強いが爆発力は無い。

・クレリック … 英雄に次いで高いライフポイントを持つ上に、味方を回復できる唯一のキャラ。
          敵に回すと一番ウザいw

・モンク   … 高威力の攻撃や、対象を選択できる攻撃も持ち、さらに自分を回復することができる。
          ただし役が難しめで安定感に欠ける。

・弓使い   … 全ての攻撃で対象を選択できる唯一のキャラ。連続攻撃が凶悪。やはり安定感に欠ける。

・賢者    … 全体攻撃を持つ唯一のキャラ。生命力が低く、攻撃の役も難しい。

・暗殺者   … 一撃必殺を信条とし、己もまた一撃必殺されることが多いギャンブラー向けのキャラ。
          攻撃してきた相手が弓使いさんを持っていたら死亡フラグ。


全員がキャラクターを選び終わったら戦闘開始です!


手番のプレイヤーはまずトークン1セットを受け取ります。
これは後の攻撃時にダイスを振りなおす場合に使用します。


攻撃するプレイヤーを自分の意思で選択することはできず、通常は左隣りのプレイヤーへ行います(ゴッドダイスの出目次第で右隣りへ攻撃する場合もあります)。
攻撃側が攻撃を行うキャラクターを宣言し、次に防御側がその攻撃を受けるキャラクタ―を宣言します。


そして攻撃側は運命のゴッドダイスを振ります!!
このゴッドダイスの出目によっては前述のとおり「攻撃側のキャラクターが即死」したり、逆に「防御側のキャラクターが即死」したりします。
他の効果は「攻撃方向が右隣になる」「攻撃が失敗する」など地味なものなんですがw


ゴッドダイスの効果を適用したら攻撃ダイスを全部一度に振ります。
攻撃ダイスの出目を見て、攻撃を行っているキャラクターの役が揃っているか確認します。
現在の出目に満足できない場合は以下の手順でダイスの振りなおしをすることができます。

まずはゴッドダイスの効果によって「神の恩寵」が与えられていたならば、1回だけ全てのダイスを振りなおすことができます。
一部だけを残して振りなおすことはできません。

その後は対応するトークンを使用することで、その出目のダイスを全て振りなおします。
例えば「0」の目が3つ出ている時に「0」のトークンを使用すると、その3個のダイスを全て振りなおすことになります(「0」を1つだけ残すとかできません)。



神ダイス03

このように英雄で攻撃を宣言してダイスを振ったとします。
「5」の目は単純に相手に与えるダメージ値です。
カードの役一覧を見ていただければ分かるかと思いますが、この状態では一番上の通常攻撃だけが可能です。
でもこのまま通常攻撃してもたったの10点しかダメージを与えられません。

ならばどうするか。
ここで手番の初めに渡されたトークンを使用します。

とりあえず「赤」の目はたった1つだけ出ていても意味が無いのでこれを振りなおしてみましょう。
「赤」のトークンを手元から場の中央に戻して使用済みであることを明確にします。
そうしたら「赤」のダイスを振りなおします。

神ダイス04

運よく「黄」の目が出ました!
これで上から二番目の攻撃「クリティカル」を選択できます。
するとダメージが2倍になるので20点のダメージを与えることができます!

この後は、さらにダメージが増えることを期待して「0」を振りなおしてみるのがベターでしょう。


これを納得がいくまで、またはトークンを使い果たすまで繰り返し、最終的なダイスの出目で役を作り攻撃します。
役を完成させられなかった場合は攻撃失敗となります。

攻撃の処理が終わったら手番終了。
時計回りに次のプレイヤーの手番となります。


これを繰り返し、最後までキャラクターが生き残っているプレイヤーが勝者です!!



という感じの、ほとんど駆け引きもへったくれもないゲームなので嫌いな人はとことん嫌いだと思います。
でも個人的には嫌いではありませんよ。
そんなに面白いとも思いませんがw

基本的に負け抜けのゲームなので、脱落した人は残ったプレイヤーをひやかしたりしながら観戦しましょうw


最大の難点はゲーム終了までテンションを維持するのが難しく、回復が猛威を振るうと途中でダレてくるところでしょうか。
酒でも飲みながらワイワイやるのが理想かなと思います。


「ダイスを振るのが三度の飯より大好きだ!」という人にとっては神ゲー……かもしれませんw


【個人的な評価】
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点:いまいち)

【ゲーム難易度】
☆☆☆☆(超簡単)


なんというか、小学生の頃を思い出すプレイ感です。
バトル鉛筆とかそんなノリ。

ダイスに全てを託す。
結果は神のみぞ知る。
まさにゴッドダイスという感じですね。
全くうまくないですね、はい。



普通最初は自分のお気に入りゲームを紹介するだろうという概念を捨ててみた結果がコレだよ!
いや、一緒にプレイするメンバー次第では相当楽しいと思いますよ。
プレイ中に我に返り冷静になったら負けです。
童心に返って遊びましょうw
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゲーム紹介でこんなに笑えたのはありません。栄えある第1回目で(4点:いまいち)って…(-_-;) バトル鉛筆って…(^_^;)
傑作!全然やりたくならないし(^◇^)
…もう、コメントしながら笑ってしゃーないわ。
(←3年半も前の投稿に今更コメントしている君も君だけどね)

Re: No title

茶助さんへ

しかもこのゲームはもう売却しちゃっているというオチですw
個人的に決して嫌いじゃないゲームですが、内容の割には時間がかかるのが最大のネックでした。
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。