スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム会~

昨日はじゃんさん宅のクローズなゲーム会に参加してきました。

CIMG2290.jpg
キングダムビルダー


CIMG2291.jpg
ピーナッツ


CIMG2292.jpg
エルグランデ


CIMG2293.jpg
ウィ・ウィル・ウォック・ユー!


CIMG2294.jpg
モダンアート


CIMG2295.jpg
蟻の国


今回は1回も勝てませんでしたorz
でも久しぶりにエルグランデをプレイできて満足満足。
もちろん他のゲームも楽しかったです!

ありがとうございました!




今日は1日、ずっとゲームの整理してましたw
どんな年末の過ごし方だw
しかもまだ全部終わったわけではなく……

アンドロイド:ネットランナー
アンドロイド:ネットランナー 拡張:待ち受けしもの
じゃんさんのお誘いで海外から共同購入(送料の負担軽減のため)したアンドロイド:ネットランナーとその拡張1。
これらのカードに日本語化シールを貼ってスリーブに入れる作業ががが。
いやまあ、特に急ぐものでもないんですけどね。
スポンサーサイト

ずれずれ

ちょっと前にスモールワールド:王国の多言語版を買うたんですが……

CIMG2268.jpg
なんじゃこりゃあー!?
打ち抜きパーツを全て抜いた後に、裏面の印刷が超ズレていることに気付いたのでした。
なんというか、すごく気持ち悪いw

これはないわー、ということでホビージャパンに交換をお願いしまして、その交換用パーツが今日届きました。
うん、さすがに今度は大丈夫。
よかったよかった。

ボードゲームはパーツの不足や破損なども結構あるので、やはり中身のチェックが肝心ですね。


ちなみに、交換なのでこの不良パーツはまるごと返送となります。
いやー、抜いた後の枠とか捨てなくて良かったw

海は広いな大きいな

というわけで、今日も昨日と同じメンツでボドゲってました。

【プレイしたゲーム】
・カタンの航海者たち
・スモールワールド アンダーグラウンド
・めだかボックス カードゲーム 学園お花畑化計画


カタンの航海者たちを2回プレイしたことで意外と時間を食ってしまったので、予定していたディセント 第2版はまたの機会に回すことになりました。


まずはカタンの航海者たち

CIMG2281.jpg
今回プレイしたシナリオはどちらも14点への到達が終了条件。

発展カード重視のプレイをしてみたところ、今回はそれがバッチリ決まってくれました。

1戦目の結果
1位 俺   14点
2位 カーン 11点
3位 yagetu 5点

yagetuのダイス運の無さが異常でしたw
俺は終盤に「1勝利点」の発展カードを4枚も引けてたので、おかげでこっそり目立たずに勝利できました。


2戦目の結果
1位 俺   14点
2位 カーン 13点
3位 yagetu 11点

他2人が最長交易路を奪い合っている間になんとかギリギリ勝利できました。



次にスモールワールド アンダーグラウンドをプレイ。

CIMG2282.jpg

結果
1位 yagetu 100点(タイブレークの判定で勝利)
2位 俺   100点
3位 カーン 88点

あと1点でも取れていれば……くっ。



最後にめだかボックス カードゲーム 学園お花畑化計画をプレイ。

CIMG2284.jpg

ゲームの内容はぶっちゃけほぼアセンションですw
余ったカードを次の手番のためにキープできたり、中央の場のカードを手番に1回だけ一掃できたりと、ちょっとした違いや追加要素はありますけどね。
ただ、アセンションのカードが直感的でストレートな効果が大半なのに対し、こちらの方はいろいろとまどろっこしい印象を受けました。
そんなわけで、内容のわりにプレイ時間は1時間弱ほどかかってしまったのですが、ある程度慣れてカードの内容を把握してくればもっとずっとスムーズにプレイできると思います。

結果
1位 yagetu 107点
2位 カーン 104点
3位 俺   94点

誰がどれくらいの勝利点を持っているかが他のデッキ構築型と比べて段違いに把握し辛い、という部分が個人的には最大の難点かな。
ゲームしている間ずっとモヤモヤ感があり、負けてしまっても「ああ、そうなんだ」くらいにしか思えませんでした。

原作であるめだかボックスのファンでないなら素直にアセンションをプレイした方が楽しめるかなと思います。
まあ、かくいう俺も別にファンってわけではなかったりするんですがw
ちなみに、残念ながら原作で1番人気のキャラである球磨川さんは出てきません。
球磨川目当ての人は黙ってスルーで正解です。

ヒドラ酷い

昨日はyagetu、カーンと3人でボドゲ。

【プレイしたゲーム】
・テラミスティカ
・サンダーストーン



まずはテラミスティカ

CIMG2278.jpg
他2人が初プレイなので、今回も初回おすすめのセットアップでプレイ。

結果
1位 俺   96点
2位 カーン 86点
3位 yagetu 80点

というわけで勝利しました。
まあ、俺は3回目のプレイで色々と勝手が分かっていますからね。
全員がどういうゲームか理解し、通常のセットアップでプレイする次回以降が本番ですな。



次に、カーンがリクエストしていたサンダーストーンをプレイ。

CIMG2279.jpg
今回は通常ルールで2回プレイしました。

ダンジョンに最初からボスクラスだけが登場し、その後も途切れることなく連続してボスが進行してきて阿鼻叫喚って感じでしたw
全員村に引きこもり続ける序盤。

そうこうしている間に俺がいち早くダンジョンへ赴き、ボスモンスターを次々となぎ倒していくことに成功。
しかし、それらのモンスターの戦闘効果による代償が重くのしかかって失速。
すると序盤は不調だったカーンが爆発的な勢いでたたみかけてきて、サンダーストーンもちゃっかりゲット。

結果
1位 カーン 45点
2位 俺   42点
3位 yagetu 36点

ギリギリで逆転されちゃいましたorz
プレイ順がひとつ違えば俺がサンダーストーンをゲットできていたものを……くやしいっ!ビクンビクン



2回目のプレイはとにかく俺が不運すぎましたorz

「ヒドラ」が合計2匹出てきて、どちらもカーンが討伐。
その「ヒドラ」の効果(全員が手札にある英雄を2枚公開し、そのうちの体力が高い方を廃棄する)が俺にだけクリティカルヒット。
俺が主力の「ストーンガード」を2枚失ったのに対し、yagetuは「民兵」を廃棄できて逆にラッキーという。

失った戦力の回復に努めるものの、今回も最初にボスクラスが軒並み登場していたので、それらが一掃されてしまった中盤以降に頑張っても逆転の目が皆無という虚しさ……orz

その上、とにかくカードの巡り合わせが悪くて目標攻撃力に1足りないという場面が多々発生。
もう良くない何かに取りつかれてるんじゃないか、ってくらいに絶不調でした。

というわけで、順調に攻略を続ける他2人を指をくわえて眺めていることしかできませんでした。
最後にサンダーストーンをゲットできたけれど、完全に焼け石に水ですよorz

結果
1位 カーン 47点
2位 yagetu 42点
3位 俺   25点

くやしいっ……けど、サンダーストーンはそういうゲームですからねw
「今回は運がなかったなー」とか「あそこであれさえ無ければ」とか、ゲーム後の感想戦が楽しいのです。



で、今日もこのメンツで遊ぶことになってます。
ディセント 第2版と、yagetuリクエストでカタンの航海者をプレイする予定。




セールをやってたipadのボドゲを色々と購入してプレイしてみました。

・ル・アーブル
・プエルトリコ
・サンファン
・ケルト
・チケット・トゥ・ライド


ル・アーブルはAIを最強にしてもあんまり強くないですね。
以前購入したケイラスもAIが弱いので、勝って気分よくプレイを終えたいときに重宝しそうですw

プエルトリコサンファンの最高難易度には結構負けちゃいます。
というか、サンファンはまだ1回しか勝っていませんw
まだまだ未熟です。

ケルトは実はルールをほぼ知らなかったりw
ゲームの終了条件すら分かっていないので、「あれ?なんで今終わったの?」とかそんなレベル。
我ながらアホですねw
もちろんイージーにすら勝てないという体たらく。
和訳ルールがネット上に公開されているはずなので、それでも読んでリベンジしようかな。

チケット・トゥ・ライドはまあ、チケット・トゥ・ライドって感じですねw
運が悪いとたまに負けます。
だがそれがいい。




ソウルサクリファイスの体験版をプレイしました。

まさに「くっ、静まれ俺の右手…っ!!」って感じのゲームで非常に楽しいw
潔いまでに厨二病全開でとても心地よいですw

ただ、ノーダメージや大量に生贄にするなど、たくさんの条件を満たして好成績を出さないと良い武器が入手できないってのはちょっと……
こういうプレイの仕方を制限される仕様はすんげータルいので、個人的には止めてほしいです。
普通にモンハンとかのように確率にしてほしいわあ。

これでもう安心

ちょっと前にディセント 第2版 コンバージョンキットを入手したわけですが、よくよく考えたら1つ問題がありました。
ミニチュアを何か他のもので代用しようにも、ディセント(初版)の拡張セットに含まれるモンスターは現物が無いからサイズが分からないじゃん!っていう。
細かいことかもしれませんが一応ゲームバランスに影響するわけですし、そこはちゃんとしたいと思うのです。

そんなわけでちょっとBoardGameGeekを漁ってみたところ素晴らしいものがアップされているじゃあありませんか!
こいつを印刷してダンボール紙や厚紙に貼りつければ……

CIMG2277.jpg
素敵なモンスタートークンの出来上がりです。
枠の色(白か赤)でボスかどうかの区別もつくようになっています。


CIMG2274.jpg
英雄(と使い魔)の方も同じようにアップされています。
こちらもタイプごとに色分けされているのがありがたいですね。


実際に使用すると↓みたいな感じになるかと思います。

CIMG2272.jpg

CIMG2273.jpg

さすがにミニチュアに比べると見劣りしますが、ゲームをする分には何ら問題ありません。
視認性の面では無着色のミニチュアより良いと思います(着色すれば別ですが)。



第2版用のダイスを複製するための画像データもあったので、ついでにそれも印刷しました。
こいつを貼りつけるダイスを用意しなければ。
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。