スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くそみそテクニック

今日はyagetu、カーンと3人でボドゲ。

【プレイしたゲーム】
・スルー・ジ・エイジ
・カリマンボー
・冒険者の宿繁盛記



まずはスルー・ジ・エイジ
もちろん完全ゲーム(上級ルール)です。

CIMG2029.jpg

今回は点数の記録を忘れたんですが、俺が勝利しました。
yagetuに攻め込まれて幸福度を生み出す施設を破壊されたときは大いに焦りましたが、それ以降は特に危険なことがなかったのでなんとかなりました。



次にカリマンボーをプレイ。

CIMG2030.jpg

勝者はカーン。
yagetuがウンコ踏みすぎてくそみそな最下位でしたw



最後に、一応3人でもやってみようと冒険者の宿繁盛記をプレイ。

CIMG2031.jpg

やっぱり駄目だこのゲーム。
なんとなく駆け引きがあるようで、でもやっぱり無い。
結局は引き運が全てであり、最初から最後までつまらない……。
満場一致で「誰でもいいから早く勝って終わらないかなー」という感想を抱いたのでした。

ゲームはyagetuが勝利。
でも本人含め全員「ふーん」って感じ。
もう二度とプレイすることはあるまい。

15日と16日

15日はまたまたyagetuと長岡へ行って、クローズなゲーム会に参加してきました!


【プレイしたゲーム】
・ローマに栄光あれ
・ゴア(新版)
・シヴィライゼーション
・コロレット



まずはローマに栄光あれから。
バランスを改善する拡張が導入されていました。

CIMG2023.jpg

俺も持っているんですが、ルールを読んでもいまひとつピンとこなくて放置しっぱなゲームのひとつ。
「なんだかよくわからん」っていう。
しかし、今回インストしてもらって実際にプレイしたのでもう大丈夫なにも怖くない。

何をしたものかと悩みながらあれこれやっている間にゲームが終了して全然駄目駄目だったんですが、これ面白いですね。
カードの組み合わせでいろいろと悪だくみができそうですw
慣れるまで大変そうですが、その分やりこみ甲斐のあるゲームだと思いました。



次にゴアの新版をプレイ。
これもちょっとした追加タイルやルール変更などでバランス調整がされています。

CIMG2025.jpg

好きなゲームですが、勝てないんですよねーw
いつも競りの部分で特に失敗している気がします。



ここで昼食のため休憩をはさみ、その後にこの日のメインであるシヴィライゼーションをプレイしました。
これまた拡張入りです。

CIMG2027.jpg

ついに念願の4人プレイ&初勝利が叶いました!
やったねたえちゃん!

とはいえ、もしじゃんさんが初プレイでなかったらたぶん今回の勝利は無かったでしょう。
なので次にまたやる機会があれば、そのときこそが本番ですね。



さすがシヴィライゼーションって感じでめっちゃ時間がかかったので、最後にそれほど時間のかからないコロレットをプレイしてシメることに。
これも拡張を導入してのプレイ。

CIMG2028.jpg

ランダムにルールが変更されるという拡張だったんですが、これがすごく新鮮で、非情に(誤字にあらず)面白かった!
「取ったジョーカーは隣りの人に渡す」とか「失点は3倍になる」とか、とにかくエグイw
基本ルールよりもゲーム中の緊張感が数段上になる、とっても素敵な拡張でした。



一緒にプレイしてくださったじゃんさんと林道さん、ありがとうございました!




16日は参加予定だったカーンが不参加となり、yagetuと2人でゲームしました。
写真は撮り忘れてしまい、ありません。

【プレイしたゲーム】
・シティタイクーン
・冒険者の宿繁盛記
・カリマンボー



まずはシティタイクーン
面白いには面白かったんですが、これは3人か4人でやるべきだと思いました。



次に冒険者の宿繁盛記を途中までプレイ。
これははっきりいってクソゲーですわ……。
プレイする価値なし!

というか、このゲームのキモはシステム的な面白さではなくて、冒険者を派遣しているっていう雰囲気・ノリだと思うんですよ。
なのに翻訳されているのはルールとアクションカードの効果だけであり、クエストカードの文章は訳されていません。
英語が読めないと自分が挑戦しているクエストがどんな内容(物語)なのかすら分からないという……。
これで定価4200円はマジでありえない。
金返せレベルです。



最後に、本当は3人からだけどテストプレイってことでカリマンボーをプレイ。
これは真のクソゲーです!
いえ、正確には「うんこ」が出てくるゲームですw

プレイヤーのコマは一列に並んで移動します。
プレイヤーは手札のカードから1枚選んで全員同時に公開し、数字の大きい人から列の先のマスへ移動。
移動先にうんこがあったら失点。
最後尾の人が移動したらサイが突進してきて、その時点で新たに最後尾となっている人が失点。
それを手札が尽きるまで繰り返して終了です。

これがすごい楽しいのw
誰かがうんこを踏むたびに笑い、サイに突進されるたびに笑い、とにかく笑いが絶えない。
NPCの猿がまた絶妙のスパイスになっています。
誰だよ真のクソゲーとか言ったのは!
俺だよ!!w

というわけで、これは是非適正人数でプレイしてみたいと思います。
個人的なお気に入りパーティーゲームになる予感w

うさぎ「アッーーーー!」

昨日はyagetu家にて、yagetu、カーンと3人でボドゲ。

【プレイしたゲーム】
・ロッティカロッティ
・一号線で行こう
・ロンドン
・イノベーション
・ニトロプラスカードマスターズ



まずは先日ヤフオクを利用した際ついでに落札したロッティカロッティから。

CIMG2018.jpg
見た目でわかる通り、完全に子供向けゲームですw
右上の方にいるコワモテのおっさんフィギュア(BASTARD!!のアビゲイル)はゲームに関係ありませんw

手番に山札のカードをめくってそれがうさぎのカードだった場合、自分のうさぎコマを1~3歩進めていき、一番最初に山頂のニンジンの上に到達したプレイヤーが勝利します。

めくったカードがうさぎではなくニンジンだった場合、山頂のニンジンを時計回りに回します。
すると道のどこかにぽっかりと穴が開き、不運にもその上にいたうさぎは落下して脱落してしまいますw
また、移動して穴のマスに入ったうさぎも落下します。

これだけ聞くとなんだかすごく楽しそうな感じなんですが……なんというか、思ったより穴に落ちなくて盛り上がりに欠けましたw
なにせ穴は一度に一ヶ所しか開かないし、その場所もランダムではなく決まったパターンですからね。
個人的には結構好きですが、やはりこれは子供だけでやるべきゲームですね、ハイ。

一応ゲームは俺が勝ちました。



次にロッティカロッティと一緒に落札した一号線で行こうをプレイ。

CIMG2019.jpg
ゲームの準備で配られたカードに書かれたルートを通るように路線を敷いていき、ルートが完成したら自分の駅から路面電車を発進させ、一番最初にゴールしたプレイヤーが勝利します。

これが面白いのなんのって!
他の人にルートをさとられない様に自分の路線を伸ばしつつ、さりげなく他人の邪魔もしたりするのが快感ですw

ルートが完成したプレイヤーは自分のカードを公開して路面電車をボードに配置し、ダイスを振って路面電車を走らせます。
ダイス運が悪いとなかなか先に進めなかったりするので、まだルートが完成していない人にも十分に逆転の可能性があるというわけです。

今回は一番最初にyagetuが路面電車を発進させたもののダイス運がいまひとつで、止まることなく進み続けた俺が逆転勝利しました。
カーンは俺と同じラウンドに発進しましたが、残念ながら完成したルートがあまりにも長すぎてどうやっても追いつけない状態でした。

ゲーム後半がダイス勝負なところで好き嫌いが分かれそうですが(yagetuは納得できなかったみたいですし)、個人的にはそういうところも含めて面白いと思いました。
ルートの完成が遅れている人に追いつかれる可能性があるから最後までハラハラドキドキできるわけですしね。



次に「ロンドンオリンピックだからロンドンやろうぜ」というカーンの提案でロンドンをプレイ。

CIMG2020.jpg

結果
1位 yagetu 55点
2位 俺   53点
3位 カーン 33点

ゲーム終了時に手札を多く残してしまったのが敗因でした。
無念。



次にイノベーションをプレイ。

CIMG2021.jpg
※スペースの都合でカードの並べ方が本来と異なっています。

今回はカーンが5枚制覇でストレート勝ち。
俺とyagetuは最初から最後まで終始カードの効果に翻弄され続けて無得点でしたw

カードの効果がいちいち強烈なこのゲーム。
ガチでプレイするタイプではなく、「やったなこのやろーw」とか言いながらノリで楽しむタイプです。
残念ながらyagetuには全く合わないらしく、明らかにイライラして頬がひきつっていました。
彼は冗談が通じないからなー……。



最後にニトロプラスカードマスターズに拡張セットのプラスを加えてプレイ。

CIMG2022.jpg

結果
1位 カーン 43点
2位 俺   37点
3位 yagetu 36点

最初にQBさん(ドミニオンの「抑留」)を2枚買うというアホなプレイに走ったら普通に出遅れてしまったでござるw
せっかくのQBさんだから使いたかったんですよw
後悔なんて、あるわけない。

連休初日ぃ

昨日は待ちに待った連休の初日。
さっそく長岡へ赴いて、ゲーム会に参戦してきましたw

【プレイしたゲーム】
ムガル
髑髏と薔薇
シャドウハンターズ
満月
ルネッサンスの君主
6ニムト
インカの黄金



まずはムガルをプレイ。

CIMG2006.jpg
ゲシェンクのように、めくられたカードに対して手持ちのチップを1枚ずつ出していき、競りから降りた人は場のチップを全て獲得します。
最後まで残った人がそのカードを獲得するか、または対応する色の自分のカードを売って得点にするかを選択し、最後から2番目の人は選ばれなかった方を実行できます。
必然的に手持ちのチップは足りなくなるので、どのタイミングで降りるかが重要ですね。

前々から気になっていたこのゲーム。
面白かったし、是非リメイクなり再販なりしてほしいな。



次に髑髏と薔薇をプレイ。

CIMG2007.jpg
髑髏を仕込んでブラフを仕掛けるときのハラハラ感がたまらないこのゲーム。
でも、昨日はちょっと慎重になりすぎちゃったかなw



次にシャドウハンターズをプレイ。

CIMG2008.jpg
正体隠匿系で、最低でも5人はいないと微妙になっちゃうこのゲーム。
かなり前に買ってみたもののうちだと5人以上集まることがまずないので、5人集まるこの絶好の機会に持ち込んでプレイさせてもらいました。
欲を言えば6人以上ならもっといいんでしょうが、5人でも十分に楽しかったです。
でも、2回続けてプレイしてそのどちらも俺が一番に殺されるという展開には涙がちょちょぎれましたw



次に満月をプレイ。

CIMG2009.jpg
人間側と人狼側に分かれて戦うゲームです。

人狼が出るという深い森の中に入った人間たち。
寝ている間に(何故か)帰り路の地図を持った2人だけを人狼がさらってしまい、このままでは帰ることができない!
無事岐路につくため、人狼の襲撃をかわしつつ足あとを辿り、人狼の根城を発見して地図とついでにさらわれた仲間を助け出さなければならない。
そうして地図をゲットして無事に森を抜けることができれば人間側が勝利し、それが叶わなければ人狼側が勝利します。

このゲームのキモとなるのが、人狼の攻撃によって傷を負った人間は感染して人狼になってしまうかもしれないというシステム。
時間が経過して夜が訪れると人狼は人間の姿から人狼の姿へと変貌するのですが、そのときに感染しているかどうかのチェックがあります。
感染してしまっていた場合、以降そのプレイヤーは人狼側として人間に敵対することになります。
日が暮れるまでは誰も(人狼でさえも)感染しているかどうかが分からないので、それが疑心暗鬼を生み、人間たちのチームワークが乱れてくるので、そこをうまく突くことができれば人狼は有利になるという寸法です。

だがしかし……
今回のプレイでは人狼側に運が無さ過ぎでしたw

戦闘は共通の山札からカードを引くことで処理していきますが、人狼の引き運の悪さが尋常ではありませんでしたw
なにせ、ほとんど全ての戦闘で自分にとってマイナスのカードを引いてしまい、人間側は最初から最後までほぼ無傷でした。

その上根城もあっさりと発見されてしまい、なんかもう途中から可哀想でなりませんでしたw

助け出した仲間の方割れが感染していて人狼に変化してしまうというアクシデントもありましたが、それも大局に影響せず、ゲームは人間側の勝利で幕を閉じたのでした。


と、今回はこんな感じで人狼にとって悲惨すぎる展開でしたが、雰囲気は抜群ですし、ゲームの展開によってはすごく盛り上がるんじゃないかと思います。
でも、チップ類が小さすぎる点はいただけませんねw



次にルネッサンスの君主をプレイ。

CIMG2011.jpg
ワレスによる重量級競りゲー。
とにかく終始カツカツで息苦しい。
だが、それがいいw

かなり時間がかかるゲームなので気軽にプレイとはいきませんが、機会があれば再戦してみたいですね。



ルネッサンスの君主で疲れた脳を癒すため、ここで6ニムトをプレイ。

CIMG2012.jpg
久しぶりにプレイしたけど、やっぱり面白いですね。
やったやられたのカオス感が楽しいですw



最後にインカの黄金をプレイ。

CIMG2015.jpg
画像はyagetu隊長によるデスシャッフルで作りだされた恐怖の遺跡。
最初に4枚連続で危険カードを引いてそのあとに「1」の宝石カードとかどんだけw



こんな感じで今回も一日たっぷり楽しんできました。
一緒にプレイしてくださったみなさん、ありがとうございました!

デッキ構築型の新作2つ

デッキ構築型(いわゆるドミニオン系)の新作ゲーム、シルク・ドゥ・モンスターめだかボックス カードゲーム 学園お花畑化計画が、といず広場あみあみなどで予約可能になっています。
シルク・ドゥ・モンスターは10月6日、めだかボックス カードゲーム 学園お花畑化計画は10月27日にそれぞれ発売予定です。
めだかボックス(漫画の方)はちょっと好きですし、個人的にどっちも気になります。

デッキ構築型っていうととりあえずやってみたくなる悪い癖が……w
でも、プレイしてみると大抵は「ドミニオンでいいかな……」ってなるんですよねw
さてどうしようかな。
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。