スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリーダバ

同人カードゲームsystem[DA,BA]がフリー配布になるそうです。
詳しくは公式サイトに書いてあります。


いやーこれは完全に予想外の展開w
まさかこう来るとは考えもしませんでした。

やはりファンとしては少々複雑な気持ちもありますが、これはこれでアリかな。
公式にあるように、新カードの追加と既存のカードの修正が容易というメリットがありますしね。

なにより、プリンターで印刷した用紙を裁断する手間を惜しまないであれば、タダでカードをゲットできるというのが大きいかな。
同じカードを複数のデッキで使用したいという場合も問題無いわけです。
汎用性の高いカードのためだけに同じセットを複数買いをするのは辛いですからねえ。


ただし、このフリー配布のカードは公式大会には使用できないとのこと。
現行版を販売しているショップや、それを購入したユーザーへの配慮ですね。

昨日の続き ノルディックとか

ルーンバウンド初体験はクソミソな結果に終わってしまい、ちょっとテンションが下がり気味になってしまいましたが、気を取り直してチケット・トゥ・ライド ノルディックへ。
ノルディック 01
チケット・トゥ・ライド ノルディックは2~3人用と少人数向けな仕様になっています。

開封してコマを出したら違和感が……。
ノルディック 曲がりコマ
ぐにゃぁああっ

白の列車コマが一つ、画像の通りに曲がっていましたw
すごく……右曲がりのダンディーです。

最初から予備のコマが5個ずつ入っているシリーズなので、まったく問題ありませんけどねw


ゲームの方は、プレイヤーが2人なのもあってかそれ程きつさは感じず、各々がのびのびと路線を伸ばしていきました。
まあ、終盤にyagetuが狙っていたところを押さえて妨害とかもしましたがw

【結果】
1位 俺   100点
2位 yagetu 72点


やはり短時間で終わったので、続けてもう一度プレイ。

今度はyagetuに地味に仕返しされ、それがクリーンヒット。
遠回りを余儀なくされて大分手番をロスしてしまいました。

それでもなんとか初期に残した目的地チケット4枚を完成させたり、9マスの路線を完成させたりして、そこそこ良い点数に。
yagetuは目的地チケットを5枚手札に残したので、長引かせるより早めに切り上げてマイナス点を喰らわせてやろうと思い、残りの列車コマを使い切りました。
が、yagetuは5枚の目的地チケットをすでに完成させていたのですorz

それもそのはず。
yagetuの5枚ある目的地のうち3枚が同じ場所を起点としており、その他2枚もほぼそれらの通り道になっていたのでした。
こりゃ敵わんわw

【結果】
1位 yagetu 109点
2位 俺   89点


全体的に機関車カードの使用率が非常に高いマップですね。
場合によってはそれがかなり煩わしいかも……。
でも雪を被った列車のイラストとか、かなり素敵ですw



最後に拡張を全部突っ込んだサンクトペテルブルグをやってみました。

純粋にカード枚数が増えたのと、2人でプレイしているために結構時間がかかりました。
といっても、やたらと絶好調だった俺が中盤あたりからyagetuに大差をつけはじめたことで、明らかに勝ちの目が無くなった彼の投了で終了してしまったのですが。
ルーンバウンドの時のお返しとばかりに大差で勝ってやろうと企んでいたのですが……残念w

饗宴の方で追加される紫のカードはちょっと微妙かなと思いました。
そんなに劇的な効果があるようにも思えませんし、妙なタイミングで現れて色々と計算を狂わせてくれたりしますし(カードの補充の際に貴族が出るようにと空けたスペースに出現したり)。
もっと何度もプレイしてみると感想も変わるかもしませんが、yagetuも「これはいらんなあ」と言っていたので、たぶんもう使用しないんじゃないかな。

その他の追加カードや修正カードに関しては好感触です。
かなりバランスが改善されているんじゃないかと。
カードの種類が増えるだけでも純粋に楽しいですしねw



【個人的な評価 & ルール難易度】
チケット・トゥ・ライド ノルディック : ★★★★★★★☆☆☆(7点:面白い) : ★★☆☆☆(簡単)
サンクトペテルブルグ(拡張セット込み) : ★★★★★★★★★☆(9点:めっさ面白い!) : ★★☆☆☆(簡単)

ルンバ

今日はyagetuと2人でボドゲ。

まずはルーンバウンドをやってみました。
まだプレイしたことが無かったにもかかわらず、何故か持っている拡張セットも色々と混ぜてプレイ。


ゲームの準備でランダムに配られた英雄は
俺
こいつ微妙じゃね?
能力値がしょぼい……。


対してyagetuの英雄は
yagetu
これも微妙っちゃ微妙な気がするけど、ライフが6もあるタフガイ。



まず最初のターン。
ショップに並んだカードが微妙なので都市を目指さず、さっそく緑のアドベンチャーへ突撃!
強いよ1
戦闘前の効果でいきなりライフに1点ダメージ。
射撃戦闘でダイス15なんて出るはずもなく、さらに2点ダメージ。
しまいには近接戦闘でダイスの出目合計5を出して1ダメージ。

初手で英雄が気絶しちゃったよ!
こんな奴に勝てるか!!w

気絶してしまったことでいきなりオケラになってしまう俺orz
最悪のスタートです……。


気を取り直してまた緑へ突撃!
強いよ2
戦闘前の試練は成功。
しかし、またも近接戦闘のダイスロールで出目が振るわずに3点ダメージを受けてしまう。
さらに次のラウンドでも同上で気絶。
どうしろっていうのさ……orz



対するyagetuの絶好調ぶりといったらもう……まさに快進撃としかいいようがありません。
出会った敵をちぎっては投げちぎっては投げ、順調に経験値とお金を溜めていく。
都市では使い捨てだが3点ダメージの爆弾を購入し、もしもの時の切り札として確保。
えらい安定感のある滑り出し。

中盤以降も順調にレベルアップを繰り返し、気絶とは無縁な旅を続け、黄色のアドベンチャーでは2枚連続で「達成すればお金を貰える」遭遇カードを獲得し、潤沢な資金で高価な武具を買い揃えて……と無双状態。



一方の俺は危ない橋を渡りつつもなんとかレベルアップもそれなりにできて、なんとか溜まった資金で「発動すると近接ダメージに+2」の武器を購入。
これでやっとかなり安定して敵を倒せるように……と思ったのもつかの間でした。
初めて青のアドベンチャーで出あった敵が「魔法攻撃意外はダメージ無効」とかいうふざけた野郎。
精神力とかめっさ少ないんですがorz
案の定またしても気絶&買ったばかりの武器にさよならバイバイ。
なんという不運……。



そんな感じで俺が苦戦している間に、ついに赤のアドベンチャーへもチャレンジし始めるyagetu。
仲間が一人もいない状態にもかかわらず、やはりyagetu無双は止まる所を知らない。
単独で赤い敵すら退けてしまったのでした。

そしてついにyagetuの前に現れるラスボスのマーガス。
ギリギリだったが、やはり単独で討伐してしまうyagetu。
恐ろしい子!



というわけで、勝者はyagetuでした。

冒険の経過を楽しむことに重点を置いたゲームだということは理解していますが、出だしから不調でひたすらに辛かった。
いやまあ、辛いなりにそれはそれで一つの冒険として楽しめましたが。
片や絶好調で我が道をひた進む無双状態だったので、なおさら……ねえw


時間短縮ルール(レベルアップに必要な経験値が本来より1少ない)を採用してプレイしましたが、不慣れなせいもあってか4時間くらいかかってしまいました。
こりゃ気軽にプレイすることはできませんが、今回のプレイは流石に納得がいかないので、是非また近いうちにやってみたいです。


ところで、今回は基本セットに混ぜるだけの拡張カードをがっつり入れてプレイしてみたわけですが、追加したカードの中にイベントカードが入っていないせいでアドベンチャートークンの補充が全然ありませんでした(ゲームを通してイベントカードを1枚しか引かなかった)。
yagetu無双で敵が次々と倒されていったので、これはかなり厳しかったです。
その意味でも時間短縮ルールを採用したのは正解でした。

カードの種類が多くなると単純にそれだけ楽しさがアップしますが、上記の部分だけは何とかならんものか。
まあ、単に引き運が悪かっただけってのもあるでしょうが。
ハウスルールでも作って、補充のタイミングを増やしてみるかな……。

とりあえず次回やるときは基本セットのみでプレイしてみたいと思います。


【個人的な評価 & ルール難易度】
ルーンバウンド セカンドエディション : ★★★★★★★☆☆☆(7点:面白い) : ★★★☆☆(普通)




眠くなったので続きは明日にでも書くとしよう。

ちょっと今更な気もするが……

7月中旬に世界の七不思議 日本語版が発売予定なんですね。
カードもちゃんと日本語化されているとのこと。
多言語版とは何だったのか。

とりあえずといず広場イエローサブマリンで予約開始していますね。




明日はyagetuが暇してるとのことなので、2人でルーンバウンドをやってみたいと思います。
あとは明日届く予定のチケット・トゥ・ライド ノルディックもやってみよう。




今日は今日で、ヤフオクで落札したブツが届いていたり。

サンペテフィロ馬車

サンクトペテルブルク 拡張セットが改めて出品されていたので……ねえw
今回は1,400円で落札できたのでホッとしました。
先週の時点で早まらなくてよかった。


ええ顔
とりあえずこのカードがええ顔すぎて吹き出してしまったw


袋の中の猫フィロー悪魔城への馬車はついでにって感じです。
悪魔城への馬車は和訳シールのデータがネット上に公開されているらしいので、ちょこっと探してみたんですが……見つからない。
どこにあるのかしら?

【追記】
と思ったが、改めて探してみたらあっさり見つかりましたw
探し方が悪かったようです。




……手を出すまいと思っていたジャンルに、とうとう手を出してしまった。
ねんどろいどのほむほむとまどかをポチってしまった。
しまった。

踏み込んではいけない領域に足を踏み入れてしまったような気がする。
いや、深みに嵌らなければきっと、きっと大丈夫……のはずw

エラッタあるのん?

「すごろくや」のブログ蒸気の時代 完全日本語版が紹介されているんですが、その中に気になる一文が。

日本語版に同封されている説明書にバランス上問題になる誤った翻訳が見られるため、訂正用紙をお付けしています。

むむむ……これは一体どの部分のことなんでしょうか。
エラッタ情報はまだ出ていないみたいですし、かなり気になります……。

まあ、プレイするのはしばらく先の話になるでしょうし、特に焦る必要もないんですがw




よくよく考えてみたら、ルーンバウンドってソロプレイも可能でしたね。
でも時間的に平日にやるのは厳しいので、土曜あたりにやってみよう。




今月26日にsystem[DA,BA]の公式で重大発表があるですと!
わざわざ間を置いての発表ということは、終結宣言といったようなネガティブな発表ではないに違いない。

期待しちゃいますよw




黄金夢想曲Xの公式サイトがオープンしたんですね。


XBOX360版であるということで、ゲームの内容以外の部分でひとつだけ不安要素(というか間違い無く困ること)が……。
XBOX360はコントローラーの十字キーが最低最悪なんですよねー。
これ、格ゲーには致命的。

かといってアーケードのようなスティックタイプは苦手な俺。
何故こんなにスティックタイプと相性が悪いのか自分でも分かりませんが、波動拳すらまともに出せないレベルですw

そんなわけで、まともに対戦できる気がしない今日この頃。
でも原作ファンとして買わざるを得ないw


黄金夢想曲2の方も気になるところです。
「2の方ではどのキャラが追加されるのか」とか、「Xでの追加キャラ3人は参戦するのか」とか。

そういえば、何気に今月10日に黄金夢想曲の最新パッチがアップされてたりします。
投げっぱなしにせず、こうやって地道にアップデートしていく姿勢は非常に好感が持てますね。
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。