スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり延期

魔法の軍団 日本語版の発売日が「10年09月下旬」から「10年10月未定」に変更されたとのことです。
まあじっくり待つとします。



魔王物語物語はまだラスダンをうろうろしていますw
基本的にキャラをじっくり強化してから先に進むタイプなもので。


あと何気に別のゲームもやり始めてしまったので、さらにペースが落ちてしまっていたり。
ルセッティア ~アイテム屋さんのはじめ方~という同人ゲームなんですが、これがまた面白くてすっかりハマっています。

主人公のルセットは父親が残したという莫大な借金を返済するため、借金を取り立てにきた妖精のティアと共にアイテム屋を経営することに。
自分の店で売るアイテムは市場などで仕入れたり、冒険者を雇いダンジョンに潜って入手したりします。
ダンジョンパートはアクションRPG風になっており、結構良くできています。

1週間おきに借金の返済日があり、指定された額を用意できなかった場合は即ゲームオーバーとなってしまいます。
その返済額が毎度一気に2倍以上に跳ね上がるのでかなり厳しいです。
ただしゲームオーバーになった場合、所持アイテムやレベルなどをそのまま引き継いで最初からリスタートになります。
なのでクリアするだけなら難易度はけして高くないでしょう。
……クリアしていないのでたぶんですが。

まあとにかく面白いですw
1回ゲームオーバーになってしまったので、データを引き継いで2週目をやっています。
今度はスムーズにクリアまで行きたいものです。
スポンサーサイト

えいしゃおらえいしゃー!

なんとなくAmazonでいろいろと見ていたら凄く気になるものが。

とんねるずのみなさんのおかげでした 博士と助手 細かすぎて伝わらないモノマネ選手権 Vol.1  第1回~第5回大会収録(仮) [DVD]
※Amazonへのリンクです。

細かすぎて伝わらないモノマネ選手権めっちゃ好きなんですよ。
あの落とし穴に落とすタイミングがツボですw
まさかこれをDVDとしてまとめてくれるとは思ってもいなかったので嬉しい限り。

Vol.1Vol.3が12月3日、Vol.4Vol.6が12月17日に発売予定とのこと。
すごく欲しいのですが、ちょっとお財布と相談せねば……。

ちなみに個人的なお気に入りはアントニオ小猪木だったりしますw

レース・フォー・ザ・ギャラクシー拡張

レース・フォー・ザ・ギャラクシー 嵐の予兆 拡張セット 第一弾 日本語版が11月に出るみたいですね。
ちゃんと拡張も日本語化してくれるのかという不安を抱えていた人も安心ですね。
問題はエラッタがあるかどうかですがw

レース・フォー・ザ・ギャラクシーやり込みたいなぁ。
やればやるほどに面白みが出てくると評判のゲームなだけに、ほんの数回しかプレイできていないのが寂しいです。

うーん、次回あたり「レース・フォー・ザ・ギャラクシーやらないか」と言ってみようかな。
駄目そうな気がしますが。

魔法の軍団

9月下旬に発売予定だった魔法の軍団 日本語版は延期くさいですね。
何気に予約なんぞをしていたりするのですが、全く音沙汰がありません。
まあボードゲームにはよくあることですね。
サンダーストーンも延期なんてことにならなければ良いのですが。


続きを読む

なんということでしょう

フィレンツェ~
フィレンツェの匠(Proludo版)です。
給料が入ったので買いました。

プレイヤーたちは自分に与えられた敷地内に建物を建てたり、公園や森などを配置したりして、芸術家や学者を招き彼らに作品を作ってもらいます。
その作品の価値によってお金や名声を獲得していき、7ラウンドを終えた時点で最も名声を得たプレイヤーの勝利となります。

各ラウンドは「フェイズA」と「フェイズB」に分かれています。
「フェイズA」ではプレイヤーたちは競りを行い、自分の欲しい物を1つだけ落札できます。
「フェイズB」では最大2回のアクションを行います。
やることは単純ですが、考えることは結構多い難しめのゲームですね。


今日はyagetu、しゅが~と集まったので早速プレイ。
しかし先ほど説明書を読みなおしていたら、また1部ルールを間違っていたことに気づきました。
作品を完成させた時に貰えるポイントに関して、手札のカードと今プレイしているカードの枚数分も追加されるという部分を見逃していました。
おかげで通常よりもカツカツなバランスでプレイしていたことになります。
今日届いたばかりで、説明書を読みながらのインストだったので勘弁していただきたいw

結果はしゅが~の勝利。
序盤からずっとリードを保ち、そのまま逃げ切りました。
俺は相当カツカツで名声ポイントをなかなか伸ばせず、名声カードで逆転を狙うもyagetuを追い抜いただけで、しゅが~には届きませんでした。

うーん難しい……が面白い!!
コンポーネントはかなり良い感じで雰囲気がありますし、色々な要素が詰まっていて楽しいです。
競りをする時のギリギリ感、建物などを配置する時のちょっとしたパズルっぽさ、1ラウンドにアクションが2回しかできないもどかしさ。
いいですね。

今回は3人だけだったので、次回は4人くらいでやってみたいと企んでいます。



今日は他にル・アーブルドミニオンをプレイ。

ル・アーブルは毎度おなじみ海運会社戦法をフル活用した俺が勝利。

ドミニオン錬金術を入れてプレイし、俺とyagetuの使い魔による壮絶な呪い押しつけ合戦が開幕。
最大の被害者しゅが~の嘆きに悪魔の笑みを返す2人w
その激戦を制したyagetuが勝利しました。

今回は3人がそれぞれ綺麗に1勝ずつという形になりましたw
フィレンツェの匠は想像通りとても俺好みの素敵ゲームでした。
何気に拡張ルールも含まれているのでゲームに慣れたらそれもやってみたいです。
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。