スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・ボードゲームな日

今日も昨日と同じメンツで集まってボードゲーム。

「アグリコラ(拡張込み)」
「ヴァスコ・ダ・ガマ」
「マーチャント・ギルド」

の3つをやりました。

yagetuとカーンはアグリコラが特にお気に入りで、このメンツだとほぼ毎回のようにやってます。
俺もアグリコラは結構好きなんですが、準備と片づけに時間がかかるのがちょっと辛いですw

今回のアグリコラの結果は
1位yagetu、2位俺、3位カーンでした。
後手後手に回って4つ目の家族コマを増やすチャンスが最後のラウンドまで無かったのが痛かった。
無理してアクションを消費し獲得した石材を使う余裕が無いままゲームが終わるというアホなミスもありましたw

ヴァスコ・ダ・ガマは今回が2回目。
初プレイの時は4人でプレイしたのですが、海が船だらけになって窮屈でイマイチな感じでした。
今回の3人プレイの方がやりたいことが多くできて楽しかったです。
結果は1位俺、2位カーン、3位yagetuでした。

そして最後にマーチャント・ギルドを初プレイ。
結果は1位俺、2位yagetu、3位カーンでした。
手札の上限を増やして寄進を5枚集め、ギリギリの勝利。
が、どうやら俺がインストでミスしていたらしく2人はゲーム中盤までルールを1つ間違っていた。
本来は「1人のプレイヤーは同じ紫の建物を2つまでしか建設できない」というべきところを
「同じ紫の建物は2つまでしか建設できない」と言っていたらしい。
これは申し訳なかった。
次にプレイする時が本番ですな。

ボードゲームな日

今日は友人を我が家に呼んでボードゲーム。
自分、yagetu、カーンの3人でプレイ。

「レーベンヘルツ (Kosmos版)」
「ル・アーブル」
「くるりんパニック」
「プエルトリコ」

の4つをやりました。

今回が初プレイとなるレーベンへルツ は序盤からyagetuがうまい具合に人の妨害をしつつ鉱山を複数確保して独走状態に。
俺もやっとの思いで1つ目の鉱山を手に入れたが、そこをあっさりと拡張でyagetuに横取りされる。
俺「おのれという奴はw」
yagetu「ふっふっふ、悪いねぇw」
そんなこんなで奴は毎ターン4枚のお金をゲットしてウハウハ。
自分の領地を同盟によってがっちりガードしていく。

yagetuがあと1つ国境線を配置すれば森や村が大量にある4つ目の領地が完成し、得点が40を超えて終了してしまう。
だが出る杭は打たれるのが世の常なり。
カーン「このままでは元総理のぶっちぎりで終了してしまうな」
俺「まだ何とかいけるかもしれん」
2人の利害が一致したことでカーンと実質協力するような形で国境線を配置し、yagetuの城を最低限の点数にしかならないように囲みこむ。
yagetu「てめえらw イラッっとくることしやがってwwww」
俺&カーン「お前が言うなw」

その後、俺がyagetuの領地に対して拡張したり金の鉱山を独占したりとしているうちに、yagetuとの点差がほとんど無い状態に。
yagetu「ぬうぅ、あそこで邪魔さえなければ……」
俺「そんなこと言われてもなw」

最終的に1点差で俺の逆転勝利。
ある意味カーンとの合同勝利みたいなもんでしたけどねw
次にプレイする時はもっとうまくやりたいものです。

ル・アーブル は1位カーン、2位yagetu、3位俺でした。

そして息抜きにくるりんパニック を2回プレイ。
実はこのゲームも購入したばかりで初プレイだったんですが、評判通り面白くかなり盛り上がりましたw
これは2回とも俺が勝利。

最後のシメにプエルトリコ を1回プレイ。
結果は1位カーン、2位俺、3位yagetuでした。


明日も今日のメンバーで集まってボードゲーム。
カーンの希望で「アグリコラ」「ヴァスコ・ダ・ガマ」 をプレイする予定です。

陣取り

先日オークションで落札した「レーベンヘルツ」
前からやってみたかったんですがやっと手に入りました。
明日遊んでみる予定。

明日が楽しみw

同人カードゲーム「system[DA,BA]」

system[DA,BA] は同人ゲーム、フリーゲームの二次創作カードゲームなんですが、斬新かつ奥の深い内容で個人的にとても気に入っています。
現在までの参戦作品は「東方シリーズ」「ひぐらし」「うみねこ」「月姫」「シルフェイド見聞録」「シルフェイド幻想譚」です。

ゲームシステムとしてはトレーディングカードゲームに見られるデッキ構築型のシステムを採用していて、プレイヤーそれぞれが自分のデッキを持ち寄って対戦します。

同人作品などの二次創作なので万人にはオススメできませんが、この手のカードゲームが好きなら是非一度やってみてもらいたいです。
ちなみにsystem[DA,BA] は非トレーディングカードゲーム(箱の中身が固定)なので、カードを揃えるのが楽ですw

最近やってるゲーム

ここ最近ハマっている要電源ゲームが2つあって、1人で暇な時はもっぱらそれらをやっております。

1つは「らんだむダンジョン」というフリーのRPG。
紹介文の一部をそのまま転載してみます。

 宝箱を漁ったり、強敵を倒したり、倒さなくてもいい強敵を倒したり、
 キャライベントをこなしたりしながら、
 最下層にいるボスの撃破を目指すゲームです。
 武器防具はレアも含めて数百種類用意してあります。
 全てのアイテムはキーボードのAキーを押すことで、個別の解説を見ることが出来ます。
 (宝箱とシンボルエンカウントの都合で、環境によっては結構重いです)

 裏ダンジョンを含めて、40時間弱程度プレイ出来ると思います


という感じのゲームなんですが、これが本当に面白い。
フリーのゲームとは思えないほど作りこんであります。
ゲームの本体や詳しいレビューなどはぐぐればすぐに出てきます。



もう1つのハマっているゲームは「THE EYE OF JUDGMENT 神託のウィザード」というPSPのカードゲーム。
知名度の低さが原因なのかあまり売れてないようですが、すごく面白いゲームです。
簡単なゲームの説明をWikiから転載してみます。

 2人のプレイヤーが交互に自分のターンをプレイしながら手駒となるクリーチャーを召喚しあい、
 3×3のマスで表される盤面を先に5マス占拠したほうが勝利する。
 山札からカードを引けなくなるか、降伏すると負けとなる。

これだけだと何だか地味で微妙と感じるかもしれませんが、実際にしばらくプレイしてみるとそんな感想は吹っ飛びますw
カードゲーマーでPSPを持っている人なら買って損はありません。
ネット対戦もできるのでそうそう飽きることはないと思います。

難点としてはカードゲームに馴染みがない人には敷居が高いことでしょうか。
カードの能力を把握していないと何が起こっているのかイマイチ解らなかったりしますし。
まあ場に出ているクリーチャーの能力は自分のターンならいつでも確認できるので、あまり問題はないと思いますけどね。

とりあえず体験版もあるので、興味を持った方はまずはそちらをやってみることをオススメします。
名作なのでこのまま埋もれさせておくのは勿体ないです。
FC2カウンター
プロフィール
最新コメント
最新記事
リンク
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。